歴史学派とドイツ社会学の起原 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社

https://www.minervashobo.co.jp/book/b605658.html

本書はドイツ社会学の黎明期における資本主義論、とりわけマックス・ヴェーバーのそれが成立する過程を探る。同時代の著述家たちの膨大な文献を渉猟して、従来曖昧であった歴史学派から初期社会学へと至る道筋を実証的に跡付け、ヴェーバーやゾンバルトの資本主義論がいかなる学問史的文脈に立脚するかを解き明かしている。ドイツにおいて高い評価を得た日本人研究者による、ドイツ社会学の起原に迫る労作。

竹林史郎著、田村信一・山田正範訳。