戦争とデザイン | 左右社

http://sayusha.com/catalog/p%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%81%a8%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

色、ことば、しるし、企み。人間を翻弄し戦争へと駆り立てる一方で、その悪の道を食い止める正義にもなりうる「デザイン」。紀元前から近代、第一次世界大戦、ヒトラーをはじめとする独裁者たち、そして、今まさに起こっているプーチンのウクライナ侵攻まで、「戦争のデザイン」に焦点を当てた類のない一冊!

松田行正著。