京アニ公判で見えた孤立社会対策 専門家が語る青葉被告の分岐点 | 毎日新聞
京アニ公判で見えた孤立社会対策 専門家が語る青葉被告の分岐点 | 毎日新聞

 36人が死亡した2019年の京都アニメーション放火殺人事件で、京都地裁の裁判員裁判は25日、青葉真司被告(45)に死刑を言い渡した。公判では被告が孤立を深めるなかで、京アニへの恨みを募らせていった半生が明らかにされたが、近年の重大事件では加害者の孤立が背景の一つに指摘されている。今回の公判で、孤立

  • mainichi.jp
  • (2024年1月26日 OGP取得)