アイヌ語や宮古語、「消滅危機言語」つなぐ外国人研究者 - 日本経済新聞
アイヌ語や宮古語、「消滅危機言語」つなぐ外国人研究者 - 日本経済新聞

世界には母語話者の減少で消滅の恐れが指摘される「危機言語」がある。国連教育科学文化機関(ユネスコ)によると、約6千〜7千の言語のうち2500ほどが該当する。日本ではアイヌ語や宮古語など8つが危機言語だ。希少なことばの保存活動に日本国内の外国人研究者が一役買っている。「言語が途絶えてしまう」「宮古島で話す言葉は、八重山語の話者には通じない」。国立国語研究所(東京都立川市)で宮古語を研究するケナ

  • www.nikkei.com
  • (2024年2月6日 OGP取得)