福祉

「まるで親戚」 育児疲れ支えるショートステイ 担い手に里親も | 毎日新聞
「まるで親戚」 育児疲れ支えるショートステイ 担い手に里親も | 毎日新聞

 「ちょっと、しんどくて」。5歳と2歳の子どものひとり親である女性(35)は涙が止まらなくなった。  保育園の入園申請のために訪れた福岡市の窓口でのことだった。離婚をきっかけに仕事をやめ、関東地方から地元に戻ってきたばかり。ストレスで体調も悪く、子どもにイライラしてしまうことが増えていた。

  • mainichi.jp
  • (2024年2月6日 OGP取得)