男女の賃金格差是正で婚姻率低下も 古い結婚観根強く - 日本経済新聞
男女の賃金格差是正で婚姻率低下も 古い結婚観根強く - 日本経済新聞

日本の少子化が加速している。婚外子が少ない日本では、婚姻率が出生数に大きく影響する。人的資本開示が始まり、男女賃金格差の是正は待ったなし。しかし実は、それが婚姻率を下げる要因になりかねない。解決のカギは「下方婚」を認める社会的な意識の醸成だ。厚生労働省の人口動態統計によると、2022年の出生数は前年より4万863人少ない77万759人となり、初めて80万人を下回った。23年上半期の出生数は約35

  • www.nikkei.com
  • (2024年1月30日 OGP取得)