地域

長崎市、10年住めば家あげます 若者向け破格物件が続々 - 日本経済新聞
長崎市、10年住めば家あげます 若者向け破格物件が続々 - 日本経済新聞

長崎市で若者向けの低価格住宅が増えている。空き家を改装した「10年住んだら無料でもらえる」賃貸物件が注目を集め、地銀は中古住宅流通で新たな枠組みを構築した。「坂の街」長崎では工事の難しさなどから建設費がかさみ、全国的にみても住居費が高い。若者流出の要因になっている住宅問題を解決しようと、民間が知恵を絞っている。長崎市役所まで徒歩とバスで約30分、日当たり良好な南向きの3LDKで家賃は月2万90

  • www.nikkei.com
  • (2024年3月1日 OGP取得)
増える空き家、残された金品狙う窃盗事件も急増…薬物受け取りで悪用されるケースも
増える空き家、残された金品狙う窃盗事件も急増…薬物受け取りで悪用されるケースも

【読売新聞】 空き家に残された金品を狙う窃盗事件が急増している。警察庁によると、2020年からの4年間で2・5倍となり、昨年は8000件を超えた。少子高齢化で全国的に居住目的のない空き家が増える中、窃盗以外にも特殊詐欺や薬物などの犯

  • www.yomiuri.co.jp
  • (2024年2月20日 OGP取得)
能登半島地震、ボランティアの数少なく 自粛や「SNSでたたかれる」萎縮する人も 1カ月で2739人、阪神・淡路は62万人
能登半島地震、ボランティアの数少なく 自粛や「SNSでたたかれる」萎縮する人も 1カ月で2739人、阪神・淡路は62万人

 能登半島地震で、災害ボランティアのあり方が問われている。発災1カ月が過ぎても、災害ボランティアセンター(ボラセン)を通じて活動しているのは延べ2739人。阪神・淡路大震災では発生1カ月で延べ62万人だった。「ボランティア元年」から29年。自立した市民社会の後退を危惧する声も出る。

  • www.kobe-np.co.jp
  • (2024年2月19日 OGP取得)
赤字路線廃止 来訪者ぱたり「10年後は…」 鉄路失った地方の嘆息 | 毎日新聞
赤字路線廃止 来訪者ぱたり「10年後は…」 鉄路失った地方の嘆息 | 毎日新聞

 鉄路なき地域はどうなっていくのか。JRや沿線自治体などがローカル線の存廃を話し合う新たな仕組み「再構築協議会」が2023年、国主導で設けられ、各地で赤字路線のさらなる廃止も視野に入る。数年前にローカル線がなくなった沿線を訪ねると、衰退加速への懸念が広がっていた。

  • mainichi.jp
  • (2024年2月9日 OGP取得)
地方のミライ:運転手不足でバス路線廃止、全国で相次ぐ ライドシェアには賛否 | 毎日新聞
地方のミライ:運転手不足でバス路線廃止、全国で相次ぐ ライドシェアには賛否 | 毎日新聞

 運転手不足を背景とするバス路線の廃止や減便が全国で相次いでいる。国土交通省の交通政策白書によると、2021年度は全国の路線バス事業(保有車両30両以上)の94%が赤字になったという。10年度以降に廃止されたバス路線は1万5332キロ超に及ぶ。

  • mainichi.jp
  • (2024年2月4日 OGP取得)
田んぼと数軒の家屋しかないのになぜ…!? 全国的に珍しい「屋根付き橋」が愛媛の山間に“集中建設”された“納得の理由” | 文春オンライン
田んぼと数軒の家屋しかないのになぜ…!? 全国的に珍しい「屋根付き橋」が愛媛の山間に“集中建設”された“納得の理由” | 文春オンライン

“屋根付き橋”というものをご存知だろうか。その名のとおり屋根が付いた橋のことだ。最も多いのは、神社の参道に架かっている神橋だろう。そのほか、観光地や旅館敷地内等で、客が雨に濡れないよう、橋に屋根が付け…

  • bunshun.jp
  • (2024年2月4日 OGP取得)
人口流出、31道府県で拡大 「東京集中」少子化招く懸念 - 日本経済新聞
人口流出、31道府県で拡大 「東京集中」少子化招く懸念 - 日本経済新聞

東京圏への人口の一極集中が再び強まっている。総務省が30日発表した住民基本台帳に基づく2023年の人口移動報告によると、31道府県で人の流出が前年より拡大し、首都圏の近隣3県が転出超過に転じた。生活コストの高い東京都への集中は少子化につながると懸念される。人口減に拍車がかかる地方はインフラの維持も課題になる。23年は首都圏周辺のなかでも大都市への人口の集中が進んだ。象徴が茨城県と山梨県が3年ぶ

  • www.nikkei.com
  • (2024年1月31日 OGP取得)