コミュニケーション

納車テイ・チャレンジ・英断…「隠語」による仲間意識、企業不祥事のリスクにも
納車テイ・チャレンジ・英断…「隠語」による仲間意識、企業不祥事のリスクにも

【読売新聞】大阪本社経済部次長 松原知基 リーマン・ショック時に東京証券取引所を担当した時、日経平均株価を巡って先輩記者とよくこんなやり取りをした。 「寄り付きはいくらだった?」「ダウにつられて126円安です」  「 前引 ( ぜん

  • www.yomiuri.co.jp
  • (2024年2月19日 OGP取得)
LINEの「。」は怖い? 「マルハラ」「おばさん構文」を読み解く | 毎日新聞
LINEの「。」は怖い? 「マルハラ」「おばさん構文」を読み解く | 毎日新聞

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで文末に「。」(句点、マル)を付けるのは若者に恐怖心を抱かせる「マルハラスメント」――。SNS(ネット交流サービス)でそんな造語が話題になっている。なぜ怖い? 考えすぎ? 若者言葉に詳しい専門家2人に読み解いてもらった。【平塚雄太】

  • mainichi.jp
  • (2024年2月18日 OGP取得)
アイヌ語や宮古語、「消滅危機言語」つなぐ外国人研究者 - 日本経済新聞
アイヌ語や宮古語、「消滅危機言語」つなぐ外国人研究者 - 日本経済新聞

世界には母語話者の減少で消滅の恐れが指摘される「危機言語」がある。国連教育科学文化機関(ユネスコ)によると、約6千〜7千の言語のうち2500ほどが該当する。日本ではアイヌ語や宮古語など8つが危機言語だ。希少なことばの保存活動に日本国内の外国人研究者が一役買っている。「言語が途絶えてしまう」「宮古島で話す言葉は、八重山語の話者には通じない」。国立国語研究所(東京都立川市)で宮古語を研究するケナ

  • www.nikkei.com
  • (2024年2月6日 OGP取得)
「本当に困っている人」とは 序列化し選別する「助け合い」の裏の顔:朝日新聞デジタル
「本当に困っている人」とは 序列化し選別する「助け合い」の裏の顔:朝日新聞デジタル

■Re:Ron連載「よりよい社会」と言うならば(第8回) 対話的で即興的で、生々しい。 私が専門とする、組織開発やプロセス・コンサルテーションの現場の話だ。 組織という名の縄張りに立ち入り、「助け合い…

  • www.asahi.com
  • (2024年2月5日 OGP取得)
避難所で乾杯「不謹慎と言わないで」 夜な夜な出店する居酒屋の正体:朝日新聞デジタル
避難所で乾杯「不謹慎と言わないで」 夜な夜な出店する居酒屋の正体:朝日新聞デジタル

 プシュッ、プシュッ。 缶を開ける軽快な音に続いて、「カンパーイ」の発声。そして笑い声が漏れてくる。 「語ろう亭」 そう名付けられたこの場所があるのは、能登半島地震の避難所となっている石川県七尾市の田…

  • www.asahi.com
  • (2024年1月26日 OGP取得)